作成者別アーカイブ: kanri

平成30年度第2回定例会開催日時のご案内

平成30年度第2回定例会の開催日時、会場が決まりましたのでご案内いたします。
詳細は、後日ホームページでご案内します。

●日時 2019年2月16日(土)13時~16時
●会場 大学共同利用施設 UNITY (神戸市営地下鉄西神山手線 学園都市駅すぐ)
●講師 柴田しおり先生(神戸市看護大学)
●テーマ(予定)
 「動き」の支援を再考する
  触れる、感じる、伝える技術としての体位変換
●定員 20名程度の予定
※お申し込み開始は12月中旬頃を予定しています。

平成30年度第1回定例会を開催しました

平成30年度第1回定例会は、当初7月開催予定でしたが、豪雨により9月に延期し開催させていただきました。今夏、関西では、豪雨、台風と数度の災害が発生しました。被害を受けられた皆さまには、改めてお見舞い申し上げます。本研究会の7月定例会にお申し込みいただきました皆様には、日程変更により大変ご迷惑をおかけしました。
今回のテーマは「パフォーマンス評価導入に向けた取り組み」で、奈良県立病院機構看護専門学校の田畑典子先生に話題提供をしていただきました。

話題提供者の田畑典子先生

田畑先生は、なぜ、パフォーマンス評価を導入したいのかを考えたときに、看護実践能力を身につけさせたいという願いがあり、そのためには看護実践能力の要素を確実に習得する必要があること、また、「生涯に渡って学び続ける人材」を育成するという観点からも、学生が、教員、指導者と学習目標を共有しながら、自己主導的に学ぶ必要があるという思いなどを述べられていました。
今回ご紹介くださったのは、3年生の統合実習での使用を想定した「看護実践能力育成」に関するルーブリック評価表でした。そして、看護実践能力を育成するという観点では、どの学年も目指すものは同様と考え、同じルーブリック評価表を1年生の演習にも導入しようとしているとのことです。試行的に、今年度の1年生のシーツ交換演習に使用してみたところ、学生の演習後レポートに、これまでとは異なる記述の広がりがあったそうです。
ルーブリック評価表を導入する際の留意点として、記載された言葉の解釈に差異が生じることが挙げられました。例えば、「わかる」という言葉でも、学生にとっての「わかる」と、教員や指導者にとっての「わかる」とは異なっているということです。これは教員間でも同様であるという意見も出ました。これらの認識の差異が生じないような表現や、互いの認識を確認するための話し合いこそがとても重要であることを確認しあいました。
ご紹介いただいたルーブリックの今後の活用の可能性や課題についての意見交換を行いました。まず、3年生の統合実習の目標が、このルーブリックで明確になっているだろうかという疑問があがりました。これについては、田畑先生から、今回ご紹介いただいたルーブリックは、学校のディプロマポリシーをもとに作成したということでした。なぜなら、卒業時の看護実践能力の習得を想定しているからです。しかし、1教科だけで卒業時の目標が達成できるものではないので、教科毎のルーブリックが必要ではないかという意見が出ました。また、このルーブリックを1年生の演習に援用することについても同様に、1年次の評価レベルと3年次の評価レベルは異なるので、各時点での目標レベルを提示したシーツ交換独自のものがあると、活用しやすいのではないかという意見も挙げられました。
さらに、評価の文言については、学生と共有するということを前提にすると、学生にとって具体的なわかりやすいキーワードを入れ込む必要や、学生が正しく自己評価ができるように、ルーブリック評価表に自己記載欄をもうけることで、自己評価と教員評価の差の要因も明らかにできるのではという意見も出されました。
また、他大学でもルーブリック評価表は何度も作り直してきたことも話題となりました。その作成プロセスで、教員間で意見交換し、互いの価値観などにも気づくことが、教育内容や方法の相互理解や適切な評価につながることが分かりました。これについては、臨床現場の看護管理者からも、マネージメントラダーを検討していく際に、到達目標をより具体的に示すことが、管理者として何を大切にしているかを確認し、管理者同士でそれを共有していくツールにもなるという意見もあがりました。

定例会の様子

ここで忘れてはならないことは、評価表の観点が一体何かということです。なぜなら、学生に、学ばせたいことが観点として反映されなければならないからです。例えば、清拭の演習では、学生が準備したお湯の温度が評価の対象になってしまうことがあります。しかし、私たちが目標とするのは、患者さんにとって、気持ちのよい清拭を提供できる技術です。そう考えると、評価の観点は、湯の温度ではなく、学生が準備した湯で患者が温かいと感じられたかであることに気づきました。つまり、ルーブリックの観点では、「湯の温度」ではなく、「患者が温かいと感じられる」ということになります。こういったことは、パフォーマンス評価を行う際に、評価者が、教育の成果の軸をどこにおいているかということに準拠するため、教育観が問われる重要なポイントだと思われます。
田畑先生は、今回ご紹介いただいたルーブリックを、職場での共通理解をはかり、活用を進めると述べておられました。まずは、自分の担当教科から実施してみて、それを改善していく過程で、学生に起こった変化から職場の理解も得られ、評価の転換時期が訪れるのではないでしょうか。今回のように、各々の教育現場、臨床での事例などの情報交換も踏まえながら、皆様が抱えている教育上の課題などを共有し、少しでもヒントが得られる場として定例会をご活用いただければと思います。
次回の定例会は少し趣向を凝らして、教育者のスキルを磨き、学び直せるための看護技術のワークショップを企画しています。間もなくアナウンスをさせていただきますので、皆さまのご参加をお待ちしています。

会員の皆様へ:平成30年度会員総会を開催しました

平成30年度看護エデュケア研究会 会員総会を下記の通り開催いたしました。
看護エデュケア研究会総会
開催日時:平成30年9月22日(土)16:15~17:00
開催場所:大阪府立大学 i-siteなんば S1教室

当日の会員総会の資料が必要な会員の方は、事務局までご連絡ください。

平成30年度セミナー開催のご案内

平成30年度セミナーを下記の通り開催いたします。
ご関心のある皆様のご参加をお待ちしております。

テーマ

 臨地実習指導を楽しむ―学習者とともに看護を考える実習とは―

開催情報

日時:平成30年12月1日(土) 13:30~16:30 (受付開始13:00~)
場所:JEC日本研修センター神戸元町 大会議室
講師:前川 幸子先生 (甲南女子大学看護リハビリテーション学部看護学科 学科長)
参加費: 会員 1500 円   非会員 3000 円
定員:80名 (定員に達しましたらホームページ上にてお知らせの上、締切とさせていただきます)


ポスターはこちら

事前参加申し込みフォーム

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

ご所属 (必須)

メールアドレス (必須)

会員について(必須)

領収書(必須)

 領収書の宛名

ボランティア参加

セミナーの運営ボランティアスタッフ(受付補助、会場設営補助)を募集していま
す。当日、ボランティアに参加いただける方は下記にてお知らせください。

ボランティアにご協力いただける方は、事前にスタッフより集合時間・場所等ご連絡いたします。

備考欄

会員の皆様へ:平成30年度会員総会のお知らせ(9月22日に開催します)

看護エデュケア研究会 会員の皆様へ

この度の西日本地方の豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
豪雨の影響により延期しておりました平成30年度会員総会を下記日時により開催致します。

平成30年度会員総会

日時:9月22日(土)第1回定例会終了後
議題
報告事項:平成29年度活動報告
     平成29年度研究会計報告
     平成30年度活動予定
会員総会への参加の有無を、研究会メールアドレス(kanri@ns-educare.jp)までお知らせください。
ご欠席の場合には、研究会代表か議長に委任いただきますようお願いいたします。

看護エデュケア研究会事務局

第1回定例会開催再度のご案内(9月22日に開催します)

第1回定例会開催のご案内

この度の西日本地方の豪雨により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

豪雨の影響により延期しておりました平成30年度第1回定例会を下記日時にて開催することとなりましたのでご案内申し上げます。
本テーマにご関心のある皆様のご参加をお待ちしております。
なお、前回お申し込みいただきました方には、お手数ですが再度のお申し込みをお願いいたします。
また、前回日程が合わずご参加を見送られた方には、是非ご参加くださいますようにお願いいたします。

看護エデュケア研究会

ポスターはこちら⇒第1回定例会チラシ(9月)

テーマ

パフォーマンス評価導入に向けた取り組み

話題提供者

田畑 典子氏 (奈良県立病院機構看護専門学校)

開催情報

日時:平成30年9月22日(土)13:30 ~ 16:30 (13:00より受付開始)
場所:大阪府立大学I-siteなんば セミナールームS1
南海電鉄「なんば駅(中央出口)」下車、南海線東側を南へ徒歩12分
   地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町駅(1番出口)下車、東へ徒歩7分
参加費: 会員 500円   非会員 1500円

申し込み方法

事前参加申し込みフォーム

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

ご所属 (必須)

メールアドレス (必須)

会員について(必須)

領収書(必須)

 領収書の宛名

備考欄

重要:会員の皆様へ 看護エデュケア研究会会員総会中止のご連絡

会員の皆様へ

平素より本研究会活動にご協力を賜り誠にありがとうございます。
平成30年度第1回定例会後に開催を予定していました会員総会もあわせて中止とさせていただきます。
会員総会の開催につきましては、後日、再度ご案内申し上げます。
今後とも本会の活動へのご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

看護エデュケア研究会 事務局

重要:平成30年度第1回定例会開催中止のご連絡

平素は本研究会活動へのご協力を賜り誠にありがとうございます。
昨日より近畿圏内の広範囲で大雨となっております。
気象警報や土砂災害警戒情報なども発令されており、公共交通機関も大幅に乱れております。
予報では、明日にかけてもこの状況は続くようで、皆さまに会場まで安全にお越しいただくことが難しい可能性があります。
つきましては、大変申し訳ありませんが、明日に予定しておりました平成30年度第1回定例会の開催を中止させていただきます。
なお、今回の話題提供に関しましては、後日改めて開催できるように調整し、ホームページでも再度ご案内させていただきます。
今後とも本会の活動へのご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。

看護エデュケア研究会事務局

平成30年度第1回定例会開催のご案内

平成30年度 第1回定例会開催のご案内

平成30年度第1回定例会は、「パフォーマンス評価導入に向けた取り組み」をテーマとして開催します。
話題提供者の方から、ご自身の体験をもとに、看護基礎教育機関でのパフォーマンス評価の導入の意義や課題についてお話いただきます。
看護実践の評価について、皆さんとともに議論ができますことを楽しみにしております。
是非、ご参加ください。

ポスターはこちら→H30年度:第1回定例会チラシ

テーマ

パフォーマンス評価導入に向けた取り組み

話題提供者

田畑 典子氏 (奈良県立病院機構看護専門学校)

開催情報

日時:平成30年7月7日(土)13:30 ~ 16:30 (13:00より受付開始)
場所:大阪府立大学I-siteなんば セミナールームS1
南海電鉄「なんば駅(中央出口)」下車、南海線東側を南へ徒歩12分
   地下鉄御堂筋線・四つ橋線「大国町駅(1番出口)下車、東へ徒歩7分
参加費: 会員 500円   非会員 1500円

申し込み方法

事前参加申し込みフォーム

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

ご所属 (必須)

メールアドレス (必須)

会員について(必須)

領収書(必須)

 領収書の宛名

備考欄