運営スタッフ

澁谷 幸(しぶたに みゆき)

所属:神戸市看護大学(基礎看護学分野)
メッセージ
看護師が自信と誇りを持って生き生きとケアしている場面をいつも心に描いています。大学ではその夢を学生に語っているつもり。臨床でキラっとひかる看護師が育つためには、臨床に根ざした教育、教育的な臨床現場が何よりも必要だと思っています。そのために、大学と臨床が膝をつき合わせて話し合える・・・研究会がそんな場になることが願いです。

中岡 亜希子(なかおか あきこ)

所属:神戸女子大学看護学部看護学科 
メッセージ
日々看護技術教育に奮闘しています。看護学生にはクリティカルに思考する力をもち、頭と手がつながって動けるナースになって欲しいと思っています。そのためにはどう教育すれば良いのか、皆様と一緒に探りながら教育現場を少しずつ変化させていきたいと思っています。

三谷 理恵(みたに りえ)

所属:兵庫医療大学看護学部
メッセージ
学生から看護職へと育っていく、その姿を楽しみに、日々学生と奮闘しています。学生にとって臨床実習というのはどういう場なのだろう?そんな疑問を持ちながら参加しています。研究会では、臨床現場の方、他の学校の先生方と出会い、いろいろと話し合えることを楽しみにしています。

山本 直美(やまもと なおみ)

所属:佛教大学(基礎看護学領域)
メッセージ
看護基礎教育に関わっていると、学生のさまざまな表情に出会います。困った表情、分からなさの表情、無邪気な喜びの表情、納得した自信の表情、分かった時の満足げな表情、などなど。看護を伝えることの難しさも、喜びもすべてこの表情に引きつけられるのかもしれません。そして、もっといい教育を!って・・・。皆さんとワクワクする教育を考えていけることを願っています。

橋口 智子(はしぐち ともこ)

所属:奈良県立医科大学附属病院
メッセージ
学生や新人と関わることが少なくなり、少し遠くから見守る立場になりました。しかし、ベッドサイドにいる看護師には生き生きと笑顔でケアしてほしいと願っています。看護師として教育や臨床それぞれの立場でケアすることについて考え、話し合える場を大切にしたいと思っています。

石飛 悦子(いしとび えつこ)

所属:南奈良総合医療センター
メッセージ
昨年度まで、教育支援室で教育担当師長をしていました。今年度より、病棟師長となり各部署での教育の大切さを感じています。
エデュケアでの学びは、私にとって臨床での看護・教育を俯瞰して考えることができる貴重な機会となっています。

田中 亮子(たなか りょうこ)

所属:大阪府医師会看護専門学校(主に、基礎看護学担当)
メッセージ
専門学校に勤めています。いつも慌しい中、最近は学生指導の難しさを痛感しています。
学生のニードも変化してきているのでしょうか?そのような学生に基礎看護学を『看護って面白い』『看護の力って凄い』と感じて臨床実習や看護職としての価値づけをして欲しいと思っています。その為には、臨床と学校が連携して、看護実践に繋がる授業や演習ができたら・・と思っています。多くの方に参加してもらうことで、学びの幅が広がればとても嬉しく思います。

香川 秀太(かがわ しゅうた)

所属:青山学院大学(教育心理,学習論)
メッセージ
現場の学習,特に複数のコミュニティ,場面,組織を横断する学習について,研究しています。例えば,学内学習と現場実践のかい離や,部署間の文化的ギャップとは何で,それをどう乗り越えていくかについて研究しています。状況論という学習論が専門です。