令和元年(2019年)第1回定例会を開催しました

令和元年第1回定例会は、7月13日(土)に神戸市看護大学の基礎看護実習室で開催しました。今回は、ワン・アップ生活援助技術と題し、洗髪技術についてのワークショップを行いました。
まずは、神戸市看護大学准教授の柴田しおり先生に、洗髪のデモンストレーションを実施していただきました。柴田先生はJMA認定キネステティクの教師の資格をもつ数少ない看護職です。神戸市看護大学では、柴田先生を中心に、キネステティクの考え方を基盤として看護技術の教育をしているとの説明がありました。
参加者は、臨床看護師、管理者、大学教員で、洗髪のデモンストレーションを熱心に観察し、その後、気づいたこと、疑問に思ったことなどを自由に話しました。例えば、柴田先生のデモンストレーションについて「髪を洗っている時でも、患者の頭が揺さぶられていなかった」「患者の身体を移動させるといきに、いったん少し反対側に動かしているような感じがある」「シャンプー後にタオルでいったん泡を拭うとお湯をたくさん使わずに済むので、患者さんは楽だと思う」という感想があがりました。また、「臨床では、ケリーパッドを用いずに、おむつを敷いてシャワーボトルを使って洗っている」「シャワーボトルで洗うと、水の当たり方が不快なのではないか」という意見も出されました。

 柴田先生のデモンストレーションの様子

今回のワークショップは、普段臨床で実践している方も、大学で看護技術を教育している方も、自分たちの技術力を向上させる機会は少ないことを踏まえて企画しました。そこで、早速、参加者はペアを組んで、デモンストレーション見学後の気づきを実際に試し、練習することにしました。
各自の実践では、ケリーパットを久しぶりに使用したことや、普段使用していないピッチャーを使用したため、手間取っている場面も見受けられました。また、柴田先生の実践のように患者役の体位を整えようとしてもなかなか思うようにいかない場面があり、その都度、柴田先生にも助言を頂きながら、実施しました。
その後、洗髪実践後の爽やかな疲れを感じながら、柴田先生を囲み、振り返りのディスカッションを行いました。その中で、「今日はとても楽にできた」「臨床で洗髪を実施しようと思うと大人数で実施しているが、キネステティクのやり方を身につけると臨床でも応用できそうだと思った」などの意見が挙げられました。このことは、とても重要な視点だと思われました。患者にとってベッド上で洗髪をしてもらうことは身体的な負担や看護師への遠慮が生じる可能性がありますが、患者に、「大そうなことをしてもらった」と感じさせない技術や配慮が必要で、それを日常の看護実践の一部としていくのは、看護師の責任だと思います。
さらに、自分自身が患者として入院した経験のある参加者は、日曜日に看護師から「洗髪をしましょう」と提案され、その理由として「日曜だからお見舞いの人がたくさんくるでしょう」と言われた時の感動や、髪をベッド上で乾かすとき、患者さんが座ったときの姿を思い描いて髪の向きを考えながらドライヤーをあてているなど、洗髪という看護技術への思いも出されました。
 また、デモンストレーションをどのように学生に見せるのかという質問もあがりました。細かなポイントを説明しながらデモンストレーションを行うと、技術の流れがみえなくなるということがあります。神戸市看護大学では、現在は、前週に必要なポイントデモを実施し、翌週までに自己学習をしてくる方法をとっているとのことでした。
今回は、日常生活援助技術の一つである洗髪を取り上げたワークショップでした。ワン・アップにつながる実践とディスカッションによって、看護師にとっても、患者にとっても楽に実践できるスキルを身につけることの大切さに気づくことができました。次回もワン・アップ生活援助技術をテーマに、看護技術のスキルアップへつながる定例会を企画したいと考えています。

会員の皆様へ:令和元年度 会員総会を開催しました

令和元年度看護エデュケア研究会 会員総会を下記の通り開催いたしました。
看護エデュケア研究会総会
開催日時:令和元年7月13日(土)17:10~17:50
開催場所:神戸市看護大学

当日の会員総会の資料が必要な会員の方は、事務局までご連絡ください。

2019年第1回定例会開催のご案内

2019年度第1回定例会は、「ワン・アップ生活援助技術―洗髪技術-」をテーマとして開催します。
今回の定例会は、ワークショップ形式で、ワンアップした技術力とその教育方法について、参加者も一緒に体験を通して学びます。
講師は、神戸市看護大学准教授 柴田しおり先生です。
ご興味のある方,ぜひともふるってご参加いただきますようにお願いいたします。

ポスターはこちら→2019年度第1回定例会

テーマ

ワークショップ 「ワン・アップ 生活援助技術ー洗髪技術-」

講師

柴田 しおり氏 (神戸市看護大学准教授)

開催情報

日時:2019年7月13日(土)13:00~ 16:30 (12:30より受付開始)
場所:神戸市看護大学
参加費: 会員 500円   非会員 1500円
定員:20名(先着順)
※定員になりましたら、HP上で案内のうえ募集を終了いたします。予めご了承ください。

事前参加申し込みフォーム

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

ご所属 (必須)

メールアドレス (必須)

会員について(必須)

領収書(必須)

 領収書の宛名

備考欄

平成30年度第2回定例会を開催しました

今回の定例会は、看護実践における「動き」の支援について立ち止まって考えてみるという企画でした。講師は、神戸市看護大学の基礎看護学准教授の柴田しおり先生で、先生が基礎看護技術教育で重視されているキネステティクに基づく動きの支援について、ワークショップを行いました。

講師の柴田しおり先生

今回は、体験して実感することができる内容だったので、会場は和室になりました。参加者は、柴田先生の指示に沿って、ゴロゴロと寝転んだり、体を動かしたりしながら様々な体験をしました。その体験から、キネステティク感覚(動きの感覚)とは何か、キネステティクの6つの概念や、人の動きや動きの支援についてなどを学び、最後にこれを看護に活かすとはどういうことかについて考えました。
まず、「歩く」という動きを体験しながら、キネステティク感覚がどんなものかを確認しました。キネステティク感覚とは、一般的に良く知られている視覚や触覚といった五感の他に、人間に備わった動きの感覚のことです。私たちが動こうとするときに、あるいは動いているときに作動している、空間の認識・素早くあるいはゆっくりといった時間の調節・力といった動きの3要素が組み合わさった感覚です。視覚の感覚器が「目」であるように、動きの感覚は「筋肉」によって知覚されているのです。筋肉は運動器であるという認識が一般的だと思いますが、感覚器でもあるというのはひとつの発見でしたが、「うん、確かにある!」「ないと動けない」ことを実感しました。
つぎに、参加者がペアになって目を閉じて向かいあい、両手掌を合わせた状態で腕を動かすというワークを行いました。これは、『一緒に動く』という体験です。この体験で、私たちは、どちらが主導して動いているのかがわからないような感覚に気づきました。つまり、「一緒に動く」とき、私たちは「動きの感覚」を使って相手とインターラクションしています。このインターラクションが働いていると、相手に動かされているのか、相手を動かしているのかがわからなくなり、互いにふたりともが自分が動いているかのような、あるいは相手に主導されて動いているかのような感覚になるのです。
このような感覚は、看護師にも患者にも存在します。看護師と患者の「動きの感覚」が、相互同時的にタイミングよく作動されるとき、「一緒に動く」ということができます。つまり、「動きの感覚」=キネステティク感覚は、インターラクションのあり方を方向づけるものであり、コミュニケーションの要素のひとつと言えそうです。そして、この感覚が患者さんへの援助においてうまく使われると、患者さんは自分のもつ感覚や力を最大限に使いながら、かつ自分の動きたいように、まるで自分で動いたかのように動くことができる、つまり、対象のもつ力を最大限に活かした援助につながると言えます。
このことを知って、現在の看護実践現場で行われる移動や体位変換の技術を考えてみると、多くの看護師は患者さんが自分でできない部分を補助しているつもりで、実は患者さんを看護師の思うように動かしているのではないかと気づかされました。多くの看護技術のテキストに示される体位変換の技術は、人体の筋骨格系統の構造、関節の可動範囲という点で理にかなっているという意味で、人の自然な動きに沿った方法だとされてきました。しかし、これはあくまで「人体の構造」に合致しているというだけで、患者さんにも看護師にも「動きの感覚」があることが考慮されていませんでした。患者さんは「人の型をした物体」などではなく、意思をもった生身の人間です。自然な動きとは、関節可動域に沿うことではなく、生身の人間がもつ「動きの感覚」による動きなのです。看護師は、患者さんの「動きの感覚」を感じ取りながら、自分の「動きの感覚」を作動させて、インターラクション=感覚のコミュニケーションをしながら、動きを支援する必要があります。これが、看護において本来必要とされる「動きの支援」であることを学ぶことができました。 
この動きの支援は、単に体位変換や移乗などの援助に限りません。例えば、寝衣交換のときに、看護師は患者の腕の動きに合わせてパジャマの袖を通します。このときに、患者の「動きの感覚」を感じ取りながら、自らの「動きの感覚」を作動させて(インターラクションしながら)実施する場合と、患者の上腕や肩関節の可動域に沿って患者の腕をパジャマに通す場合とでは、どちらが人に対する援助=看護と言えるでしょうか? 前者は、「患者さんに腕を通してもらう」援助ですが、後者は「患者の腕をパジャマの袖に通す」行為だと言い換えられます。後者は、看護師主体の行為であり、仮に精巧に作られたモデル人形の腕であっても成立する行為です。つまり、「患者の腕をパジャマの袖に通す」という行為は、人の腕を物体化した、本来の看護とは少し違う行為のように思われます。このように考えると、キネステティク感覚はすべての援助技術に通底していることであり、キネステティクの概念は看護とそれ以外を分ける決め手になるとも言えそうです。キネステティクは、方法ではなく、考え方であり、患者―看護師関係や援助についての哲学につながる概念であることが理解できました。
キネステティク感覚について学ぶことは、人への援助とは 何かを学ぶこと、看護技術とは何かを学ぶことと同じだと言えます。参加者から、これを学生にどのように教えているのかという質問がありました。神戸市看護大学の基礎看護技術の授業では、キネステティクを講義や演習で学習した後、体位変換や移乗の技術を学習しますが、それ以降のすべての援助技術の演習において、学生達が常にキネステティク感覚を意識して援助できるように指導しているとのことでした。学生にこれを伝えるには、指導する教員が概念と技術をしっかり身に付ける必要がありそうです。
次年度の看護エデュケア研究会では、看護技術のワークショップを行っていく予定です。今回の体位変換のように、1つ1つの技術に通底する考え方やねらいについて改めて考えてみることで、臨床看護実践が向上する看護技術とその教育方法について考えていきたいと思います。

平成30年度セミナーを開催しました

 看護教育課程で非常に重要な臨地実習教育では、学生が看護を学ぶ瞬間は突然に表れることが多く、その瞬間を逃すことなく学ぶ機会にすることが臨地実習指導の難しさでもあります。学生が悩み困る場面こそ、学生が成長する機会であり、それは、看護教員や臨地実習指導者にとっても看護を考える大切な機会であると思います。今年度のセミナーでは、「臨地実習指導を楽しむ ―学習者とともに看護を考える実習とは―」をテーマに、看護基礎教育で益々重要となってくる「臨地実習教育」をどう支援していくか? 参加者の方々と共に考えていくことにしました。
今回、講師にお迎えしたのは、看護教育学研究、特に臨地実習指導に関連した研究を多く発表されている甲南女子大学看護リハビリテーション学部看護学科学科長の前川幸子先生です。講義の冒頭で、前川先生は「本日の内容」として以下の4つの視点を示されました。
①看護学実習とは
②ケアリングという教育実践
③看護実践を「教えるー学ぶ」
④臨地実習指導を楽しむ」ということ
看護学実習が看護基礎教育にとってどれほど重要な学習機会かということを改めて問い直し、臨地実習教育は、「単に場所だけを借りて行われる」のではなく、看護実践能力の育成の場→『ケアの専門家(実践者)になる』という教育の場であること。そして、看護学教育そのものは『ケアリングの実践教育 』。ケアリング=「配慮、気づかい 慈しみ」の中でケアの衝動(湧き上がる思い)による主体的実践であることをお話いただきました。中でも【ケアリングは教養の身体化】という言葉は非常に印象的でした。学生が、患者の存在によって導かれたケアしたいという内なる衝動に突き動かされる経験、その実感から始まる看護実践の源泉は、看護師の実践を見ることにあると説明されました。知識も大事だけれど、学生が感じること、実感すること、それを可能にするためには、学生の気持ちを柔らかくしていくことが大事だと話されました。
看護教育が『ケアリングの実践教育』である以上、看護学実習はその学びの場として大きな意味をもつことが再認識できました。学生に関わる看護師は 、今感じていることをそのまま学生に伝えて欲しい。患者を中心に考えるとは、どう考えているのか、何をどう繋げているのか?それを学生に語ってほしい。それは看護師しかできないということです。【看護の仲間入りが実感できる】看護学実習環境で、学生は断片的な知識ではなく物語的な実践力をつけていき、学ぶ意欲を生み出し、真の『学ぶ力』が身に着くようになると話されました。また、臨地実習教育を教育社会学的見方でいうと、関係の中で学ぶことが重要です。そのためには、【学び合う組織や仲間づくり】の風土の中で、学生を正当に病院で認められた学習する者と捉えることが必要です。つまり学生は、客人的存在ではなく、看護の現場という状況にしだいに参加していく仲間だということです。本研究会が以前から取り組んでいる状況論的教育観の論理が生きているのだと理解できました。さらに、指導者は、学生がいることによって、教えるということを学ぶことができます。スタッフナースから臨床指導看護師へのトランジション(移行)が重要だということです。自分で判断し自分で行為をする『自分が軸』の看護実践から、『学生が看護実践する』、つまり学生が成果を出すように、『他者が軸』への移行が重要だと教えていただきました。そして学生は患者に対面する看護師の姿から看護を具現化できるようになると話されました。このような看護学生への教育的関わりは、学生の患者へのケアリングにつながっていくということです。教育的関係に見るケアリングは、学生―患者―教員―看護師(指導者)の4者関係が学びの軸となり広がり、【ケアリングの連鎖】を生み出すということを話されました。また、学生は病棟の中で看護師がどうしているのか、看護師同士のケアリング関係を見て考えて学ぶこともあり、患者との関係だけでケアリングを学ぶ事ではない、ということでした。
 そして、先生のご講義も終盤に入り、本セミナーの主題となる、―臨地実習指導を楽しむということ―について話が進んで行きました。指導者が学生と共に過ごすことを楽しむ要素として2つ示されたと思います。
1.共同的場におけるケアリング関係:学生と教員/指導者とのケアリング関係。学生や患者の人生(経験)に寄り添い、自らの人生を省みる
2.看護実践の楽しさを伝える:看護の世界に浸ることを支える、援助する
教員や指導者は、学生が何をしているか?何ができて何ができなかったのか? というような学生の行動の適否を問うのが実習指導ではなく、学生の考え(何を思い、何を感じていたのか?)を聴き、学生の情動が揺れ動くように発問することが必要だということです。そうすることはつまり、学生の心の動きとともに教育者の心も動くことになるのです。そして教師や指導者は自己内省します。その自分への問いは、学生が気づいたこと、学生の情動を学生自ら教員/指導者に言いたいと思っているのか?学生の変化に気づいているか? 気づいたことを学生に尋ねているのか?といったことです。自分とそして学生と向き合い看護学生の現実を理解 していくという関係性(これがケアリング関係なのでしょう)を楽しむということです。さらに、それはどんな場面でできるのか? おそらく、学習の場としてのカンファレンス(前川先生はカンファレンスをreflective conversationと説明してくださいました)で自由な雰囲気と真剣な話し合いができることであり、そこでの指導者の役割として、前川先生は、「今日のあなた(看護者)の看護を語っていくのです」と話されました。自らの看護を語ることを通して、臨床指導者/教員は、「看護は答えがない、正解ではなく最善を目指すということ、その曖昧さに耐えていくこと」、これが看護師の専門職性の特徴であり、学生がこのことを理解できるように支える存在なのだ、ということも話されました。そして、学生と患者と教員と指導者が繰り広げる実際の実習事例を多く紹介しながら現象を丁寧に紐解いて、指導者と学生のケアリング関係や学生の成長を説明していただきました。私は、先生の一言ひと言を聞き逃すまいと思うほど先生の言葉に引き込まれていきました。先生のお話を聴かせていただき、まだまだ学ぶことがあるのだろうと思いました。途中休憩をはさんで2時間半ほどでしたが、時間の短さを感じました。できれば、前川先生には実習教育に関するテーマで再度ご登壇いただきたいと強く願ったのは私だけではないでしょう!!ご講演が終了してからの質疑応答も活発に行われました。本当に豊かな時間を過ごすことができた研究会でした。

平成30年度第2回定例会のご案内

平成30年度第2回定例会は、「動き」の支援を再考する 触れる/感じる/伝える技術としての体位変換 をテーマに開催します。
今回は体験型学習(ワークショップ)形式で、ゴロゴロと寝転がって体を動かしながら、キネステティクの概念や意義を体感し、人が動くための看護技術教育について学びます。
講師は、神戸市看護大学准教授 柴田しおり先生です。
ご興味のある方はふるってご参加いただきますようにお願いいたします。

ポスターはこちら→第2回定例会ポスター

テーマ

「動き」の支援を再考する 触れる/感じる/伝える技術としての体位変換

講師

柴田 しおり氏 (神戸市看護大学准教授)

開催情報

日時:平成31年2月16日(土)13:00~ 16:00 (12:30より受付開始)
場所:大学共同利用施設 UNITYユニティー1階和室
   (神戸市営地下鉄西神山手線 学園都市駅すぐ ユニバープラザ内)
   ※入口は、ユニバープラザ2階になりますのでご注意ください。
   https://www.unity-kobe.jp/access
参加費: 会員 500円   非会員 1500円
実際に活動します。ゆったりとした動きやすい服装でお越しください。
定員:20名(先着順)
※定員になりましたら、HP上で案内のうえ募集を終了いたします。予めご了承ください。

申し込み方法

事前参加申し込みフォーム

お名前 (必須)

フリガナ (必須)

ご所属 (必須)

メールアドレス (必須)

会員について(必須)

領収書(必須)

 領収書の宛名

備考欄

平成30年度セミナー 申し込み期間延長のお知らせ

平成30年度セミナーにつきまして、お申し込み締切期限を11月14日としておりましたが、若干お席に余裕がございますので、延長いたします。
ただし、定数に達しましたら、終了をすることがございますのでご了承ください。
お申し込みは、本ホームページ内「平成30年度セミナー開催のご案内」ページより、お願いいたします。

平成30年度セミナー開催のご案内

平成30年度第2回定例会開催日時のご案内

平成30年度第2回定例会の開催日時、会場が決まりましたのでご案内いたします。
詳細は、後日ホームページでご案内します。

●日時 2019年2月16日(土)13時~16時
●会場 大学共同利用施設 UNITY (神戸市営地下鉄西神山手線 学園都市駅すぐ)
●講師 柴田しおり先生(神戸市看護大学)
●テーマ(予定)
 「動き」の支援を再考する
  触れる、感じる、伝える技術としての体位変換
●定員 20名程度の予定
※お申し込み開始は12月中旬頃を予定しています。

平成30年度第1回定例会を開催しました

平成30年度第1回定例会は、当初7月開催予定でしたが、豪雨により9月に延期し開催させていただきました。今夏、関西では、豪雨、台風と数度の災害が発生しました。被害を受けられた皆さまには、改めてお見舞い申し上げます。本研究会の7月定例会にお申し込みいただきました皆様には、日程変更により大変ご迷惑をおかけしました。
今回のテーマは「パフォーマンス評価導入に向けた取り組み」で、奈良県立病院機構看護専門学校の田畑典子先生に話題提供をしていただきました。

話題提供者の田畑典子先生

田畑先生は、なぜ、パフォーマンス評価を導入したいのかを考えたときに、看護実践能力を身につけさせたいという願いがあり、そのためには看護実践能力の要素を確実に習得する必要があること、また、「生涯に渡って学び続ける人材」を育成するという観点からも、学生が、教員、指導者と学習目標を共有しながら、自己主導的に学ぶ必要があるという思いなどを述べられていました。
今回ご紹介くださったのは、3年生の統合実習での使用を想定した「看護実践能力育成」に関するルーブリック評価表でした。そして、看護実践能力を育成するという観点では、どの学年も目指すものは同様と考え、同じルーブリック評価表を1年生の演習にも導入しようとしているとのことです。試行的に、今年度の1年生のシーツ交換演習に使用してみたところ、学生の演習後レポートに、これまでとは異なる記述の広がりがあったそうです。
ルーブリック評価表を導入する際の留意点として、記載された言葉の解釈に差異が生じることが挙げられました。例えば、「わかる」という言葉でも、学生にとっての「わかる」と、教員や指導者にとっての「わかる」とは異なっているということです。これは教員間でも同様であるという意見も出ました。これらの認識の差異が生じないような表現や、互いの認識を確認するための話し合いこそがとても重要であることを確認しあいました。
ご紹介いただいたルーブリックの今後の活用の可能性や課題についての意見交換を行いました。まず、3年生の統合実習の目標が、このルーブリックで明確になっているだろうかという疑問があがりました。これについては、田畑先生から、今回ご紹介いただいたルーブリックは、学校のディプロマポリシーをもとに作成したということでした。なぜなら、卒業時の看護実践能力の習得を想定しているからです。しかし、1教科だけで卒業時の目標が達成できるものではないので、教科毎のルーブリックが必要ではないかという意見が出ました。また、このルーブリックを1年生の演習に援用することについても同様に、1年次の評価レベルと3年次の評価レベルは異なるので、各時点での目標レベルを提示したシーツ交換独自のものがあると、活用しやすいのではないかという意見も挙げられました。
さらに、評価の文言については、学生と共有するということを前提にすると、学生にとって具体的なわかりやすいキーワードを入れ込む必要や、学生が正しく自己評価ができるように、ルーブリック評価表に自己記載欄をもうけることで、自己評価と教員評価の差の要因も明らかにできるのではという意見も出されました。
また、他大学でもルーブリック評価表は何度も作り直してきたことも話題となりました。その作成プロセスで、教員間で意見交換し、互いの価値観などにも気づくことが、教育内容や方法の相互理解や適切な評価につながることが分かりました。これについては、臨床現場の看護管理者からも、マネージメントラダーを検討していく際に、到達目標をより具体的に示すことが、管理者として何を大切にしているかを確認し、管理者同士でそれを共有していくツールにもなるという意見もあがりました。

定例会の様子

ここで忘れてはならないことは、評価表の観点が一体何かということです。なぜなら、学生に、学ばせたいことが観点として反映されなければならないからです。例えば、清拭の演習では、学生が準備したお湯の温度が評価の対象になってしまうことがあります。しかし、私たちが目標とするのは、患者さんにとって、気持ちのよい清拭を提供できる技術です。そう考えると、評価の観点は、湯の温度ではなく、学生が準備した湯で患者が温かいと感じられたかであることに気づきました。つまり、ルーブリックの観点では、「湯の温度」ではなく、「患者が温かいと感じられる」ということになります。こういったことは、パフォーマンス評価を行う際に、評価者が、教育の成果の軸をどこにおいているかということに準拠するため、教育観が問われる重要なポイントだと思われます。
田畑先生は、今回ご紹介いただいたルーブリックを、職場での共通理解をはかり、活用を進めると述べておられました。まずは、自分の担当教科から実施してみて、それを改善していく過程で、学生に起こった変化から職場の理解も得られ、評価の転換時期が訪れるのではないでしょうか。今回のように、各々の教育現場、臨床での事例などの情報交換も踏まえながら、皆様が抱えている教育上の課題などを共有し、少しでもヒントが得られる場として定例会をご活用いただければと思います。
次回の定例会は少し趣向を凝らして、教育者のスキルを磨き、学び直せるための看護技術のワークショップを企画しています。間もなくアナウンスをさせていただきますので、皆さまのご参加をお待ちしています。